お問い合わせ

お客様の声お客様の声オーナー様の声

IVY HOUSE(アイビー ハウス)

IVY HOUSE(アイビー ハウス)
構造 鉄筋コンクリート造
敷地面積 340.63m² (101.52坪)
間取り 2LDK
戸数 5戸・オーナールーム
階数 地上4階
竣工 2012年1⽉
賃貸経営マガジン オーナーズスタイル 2019春号より

賃貸経営マガジン オーナーズスタイル 2012年 夏号より

一級建築士も納得

一級建築士の資格を持ち、建築・土木関係の技術系コンサルタントとして、国内外を舞台に幅広く活躍されてきたY様。セミリタイヤ後の安定収入を確保する目的でご自宅の自宅併用賃貸マンションへの建て替えを計画。10年ほど前から大手ハウスメーカーなど数社の資料を取り寄せて研究を重ね、建築のパートナーとして選ばれたのが朝日建設だったという。

建築の技術にも設計にも詳しいY様が同社を選ぶ決め手となった一番のポイントは、性能の高さ。「希望していた4階建てを建てるには、しっかりとした構造であることが必要でしたが、朝日建設の建物は、鉄筋コンクリート造で耐震性が高い。これまでの経験上、その強さは知っていましたし、同社では基礎工事も入念に行っている。今回の施工でもより高い強度が得られるねじ込み式の鋼管杭を地盤に打って、安心の構造になっています」とY様は語る。

  • オーナーのY様 オーナーのY様

優れた断熱・気密性「室内縁側のある和室(オーナールーム)」

さらに、「内断熱工法」の採用による、すぐれた断熱・気密性、省エネ性にも納得されたそう。「ここは特に夏の暑さが厳しい土地。屋根温度が約50度で、室内を20度にしようと思ったら30度もの差を解消する断熱性能が必要になります。その点、朝日建設が採用している内断熱工法は高い性能を持っているから安心。この冬は少しエアコンをつけただけで、吹き抜けのある空間も温かく過ごせました」とY様。

希望通りの収益性を確保しゆとりのある安心の暮らしを

完成したのは、2LDK×5戸の賃貸住戸と自宅からなる自宅併用賃貸マンション。賃貸住戸は、若い夫婦や小さな子どものいる家族を入居者に想定し2LDKに。LDKに面した洋室は間仕切り戸の開閉で、LDKとひとつながりにしたり、独立した子ども部屋にしたりと多彩な活用ができるように工夫されている。

自宅部分は屋根裏を活用し、広々とゆとりのある住空間を実現。日本の伝統建築である大和棟と、イギリスのテューダースタイルを融合させた美しい外観デザイン、京都の町屋を再現した自宅など、細部にY様のこだわりが活かされている。「建築は芸術だという私の考えや個性に合わせ、高い技術と対応力で想いを表現してくれたのが朝日建設。コストの面でも満足しています」とY様。

賃貸は5戸ともすぐに満室になり、順調な賃貸経営をスタート。ご夫妻の生活費を確保し、さらに大好きな京都旅行を楽しむなど、ゆとりある暮らしを満喫されているご様子だ。

  • オーナーY様(左)<br />
と営業担当の平(右) オーナーY様(左)
    と営業担当の平(右)